FC2ブログ

学習リモコン購入:SONY RM-PLZ430D

2012/02/12(日) 14:45
テレビ、HDDレコーダー、AVアンプ、エアコンや照明器具等まで、部屋の中にはリモコン操作の電化製品がいっぱいです。
便利な道具ですが数が増えてくると使い分けが面倒だし、置き場にも困るモノ。

そんなわけで昔から学習リモコンのお世話になっています。
名前の通り他のリモコンの信号を学習して覚えるので、1台で複数のリモコンの役目を代替することができる便利アイテムです。

長いことSONYの「RM-PL500D」という製品を使っていたのですが、最近ボタンの反応が鈍くなり押しても反応しないことが増えてきました。
電池を新品に替えても変わらないので寿命なのでしょう。買い換えることにしました。

SONY RM-PLZ430D
120212_01.jpg
 
 
RM-PL500Dは発売当時は上位機種でした。8台の機器の操作が可能です。
現行機種で同等の製品は「RM-PLZ530D」です。

しかし今回はあえて発売時期が古く、操作可能機器数も5台と少ない「RM-PLZ430D」を選びました。理由は以下の2点。
 ・530Dは裏側が半円形で置いたときの安定感が悪そう
 ・430Dの方が操作ボタンが多い

530Dも430Dも、使わないときはボタンのある側を下にして置く「うつぶせスタイル」がコンセプトになっているようです。
どちらも曲面の多いラウンド形状なのですが特に530Dの背面は完全にかまぼこ型。手に持って操作することが前提です。
私の場合は机に置いたまま操作したい時もあるので430Dの方が良いと思いました。

120212_02.jpg
うつぶせに置いてもボタンが下に付かないようになっています。

120212_03.jpg
背面は平らになっているのでそのまま置けます。


そしてボタン数。
操作機器を切り替えるボタンは530Dの方が3個多いわけですが、機能ボタンは逆に430Dの方が2個多いのです。
「字幕」「番組説明」という2つのボタンが、なぜか530Dでは省略されました。



RM-PL500Dと比較

<外観>
上からだと長く細くスリムになった印象です。
リモコンとしては厚みがある感じですが並べてみるとPL500Dと大差ありません。
120212_04.jpg

120212_05.jpg


問題はボタンのサイズと配置ですね。一目瞭然ですが、数字ボタンは圧倒的に押しにくくなりました。
小さい上にボタン間のスキマも狭いので隣のボタンまで一緒に押してしまいそうになります。

どうも矢印キーの周りに円形に配置されたボタン群がガンになっている気がします。
場所は取るし矢印キーと間違って押しそうになるし、もう少し何とか出来なかったのかと…。
120212_06.jpg

電池は単3×2を使用。裏ぶたがスライドして開きます。
120212_07.jpg



<学習機能>
学習機能はずいぶん使いやすくなっています。
まずメーカーコードの設定。
登録する操作機器の種類(テレビ、レコーダー、チューナー等)とそのメーカーによって4桁程度の数字が決まっており、説明書に一覧が記載されています。
この数字を打ち込むことで対象機器の基本操作ができるようになるのですが、一つの機器に対して複数のコードが記載されている事が多く、正しく動作するコードに当たるまで繰り返し打ち込んでテストするという手間が掛かります。

しかし430Dの場合は学習させたいリモコンの電源ボタンの信号を読み取ることで自動的に設定が完了します。
新しい機器を登録するときにいちいち説明書を引っ張り出さなくても済むのは良いですね。

また各個のボタンに機能を覚えさせる手順も簡略化されました。
PL500Dの場合、一度学習させたボタンはいったんその記憶をリセットする操作を行わないと別の機能を学習させ直すことができませんでした。
しかし430Dは初期化の手順は不要で、そのまま上書きすることが可能です。



<マクロ機能>
最大16回連続でボタンを押したのと同じ操作をボタンひとつで行えるのがマクロ機能です。

例えばHDDレコーダーで録画した番組を見たいとき。
うちの場合、レコーダーはHDMI2に接続しているのでまずTV側で入力切換ボタンを2回。続けてレコーダー側で録画リスト表示ボタンを1回。合計3ステップの操作が必要です。
しかしマクロ機能を使えば、これが1ボタンで行えるようになります。



<強力広角発光「ズバとびっ!」>
いくら機能が充実していても、リモコン信号=赤外線の発光が弱いと相手機器が反応しなくてストレスになることも。
しかし430Dの発光はかなり強力なようで、PL500Dだと反応しなかったような角度や距離からでも操作が可能でした。
今回の買い換えで良かったことの一番かも。

LED×3個の発光が見えます。
120212_08.jpg

PL500Dは2個。
120212_09.jpg



購入価格は約2,500円でした。530Dとの価格差は1,000円近くあります。
操作したい機器が5つ以下であれば、430Dはかなりお買い得だと思います。



SONY 学習機能付きリモートコマンダー PLZ430D RM-PLZ430DSONY 学習機能付きリモートコマンダー PLZ430D RM-PLZ430D


ソニー
売り上げランキング : 1380

Amazonで詳しく見る by AZlink

SONY リモートコマンダー PLZ530D ブルー RM-PLZ530D LSONY リモートコマンダー PLZ530D ブルー RM-PLZ530D L


ソニー
売り上げランキング : 2018

Amazonで詳しく見る by AZlink

web拍手 by FC2

関連タグ : レビュー, 家電, リモコン, 便利グッズ,

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mizunor775.blog53.fc2.com/tb.php/114-fa461b10
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック