FC2ブログ

平成24年分 年末調整・源泉徴収票の変更点など

2012/10/03(水) 00:06
また年末調整の時期が近づいてまいりました。

「平成24年分 年末調整のしかた」のパンフレット(PDF)が国税庁のホームページからダウンロードできるようになっています。

 平成24年分 年末調整のしかた|パンフレット・手引き|国税庁


平成24年分の年末調整では、昨年と比べて変わった点として「生命保険料控除の改定」があります。

「通勤手当の非課税限度額変更」というのもありますが、これは今年1月の給与から変わっている部分なので省略。
「納期の特例」も年調事務とはあまり関係ないので省略。


生命保険料の控除は、昨年までは
 ・生命保険料
 ・個人年金保険料

の2つでしたが、今年は
 ・生命保険料(旧)
 ・生命保険料(新)
 ・個人年金保険料(旧)
 ・個人年金保険料(新)
 ・介護医療保険料

となりました。め、面倒な…。


平成23年以前に契約した保険料の分:(旧)
平成24年以後に契約した保険料の分:(新)

(新)のうち、介護費保障や医療費保障をうたう保険の支払い分は介護医療保険料に分類されるようです。



<生命保険料>
 複数の契約がある場合、(新)と(旧)の掛金を別々に集計します。
 ① (新)の合計額を計算式に当てはめて控除額を算出。上限は4万円。
 ② (旧)の合計額を計算式に当てはめて控除額を算出。上限は5万円。
 ③ ①+②。上限は4万円。

 ②と③を比較し、大きい方が控除額になります。最高5万円ですね。


<個人年金保険料>
 生命保険料と同様です。最高5万円ですね。


<介護医療保険料>
 全ての掛金を集計して計算式に当てはめ控除額を算出。上限は4万円です。


これら3つの控除額を集計したものが「生命保険料控除額」になります。
ここでも上限額があり、最高12万円にカットされます。



平成24年分の「給与所得者の保険料控除申告書兼給与所得者の配偶者特別控除申告書」がダウンロードできます。計算式等の詳細はそちらで。

 [手続名]給与所得者の保険料控除及び配偶者特別控除の申告|源泉所得税関係|国税庁



今回の改定のおかげで源泉徴収票もかなり変わっています。
増えた保険料項目の記入欄が追加され、そのあおりで「摘要」欄が大幅に狭くなりました。
今まででさえ記入項目が多くてギリギリで印字していたというのに…。
なんというシステム屋泣かせ。(T_T)

こちらもPDFのパンフレットがダウンロード可能。(年調説明会で配られる資料と同じものです)

 平成24年分 給与所得の源泉徴収票等の法定調書の作成と提出の手引|パンフレット・手引き|国税庁



関連:
 平成23年分 源泉徴収票の書き方:16歳未満(年少)扶養親族の記入例




シヤチハタ ネームエルツイン 【既製品1400氏名】 ネーム印+訂正印シヤチハタ ネームエルツイン 【既製品1400氏名】 ネーム印+訂正印


シヤチハタ
売り上げランキング : 549

Amazonで詳しく見る by AZlink

姿勢美尻クッション姿勢美尻クッション


コジット
売り上げランキング : 5649

Amazonで詳しく見る by AZlink


web拍手 by FC2

関連タグ : 仕事メモ,

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mizunor775.blog53.fc2.com/tb.php/138-a51e7d9c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック