眼鏡購入の巻 その二 JINS Moisture 保湿するメガネ

2013/08/29(木) 16:16
最近はメガネが安く作れて良いですね。
ちょっと遠くのショッピングセンターに足を伸ばしたらJINSショップを発見。
色々気になる商品を見つけて3本まとめてお買い上げ。(^^;


2本目は「JINS Moisture」。目の周りを覆う半ゴーグル型+ウォーターポケット付きメガネです。

ウォーターポケットに入れた水が蒸発しフレーム内に滞留することで目の周りを保湿する、という製品。
いわゆるドライアイやエアコンによる乾燥などに対応するメガネですね。(機能性アイウェアと呼ぶようですが)

130829_01.jpg
 
 
ラインナップはLARGE、MEDIUMの2種類のフレームでそれぞれ4色ずつ。
LARGEはやや角張ったスタイルで男性向け、MEDIUMはパープルやワインカラーがあって女性向けと思われます。

130829_02.jpg


私は男ですがサイズ的にMEDIUMの方がマッチしました。
この製品のコンセプト的には顔の輪郭によりフィットしている方が湿気が逃げなくて良いはずです。
MEDIUMのブラウンカラーを選択しました。

130829_04.jpg

130829_03.jpg

130829_05.jpg


目の周囲がフレームで覆われた形状。花粉対策メガネのようでもあります。
副次的に花粉よけの機能も期待していいのかな?

フレーム全体が通常のセルフレームメガネより大きくなっていますが、軽量な素材が使われており見た目よりは軽い付け心地です。



130829_07.jpg

130829_06.jpg

ウォーターポケット。透明なものとフレームと同色のもの2セットが付いています。
指で押すと外側に外れるので、ここに水を入れて再度はめ込みます。

入れる水は蒸留水が推奨されています。
衛生面やお手入れの事も考えると推奨通りにするのが良いでしょう。
ドラッグストア等で手に入ります。名称は精製水とかで、500mlで100~200円くらい。
一度にポケットに入る量は4、5滴くらいなので毎日使っても年単位で保ちそうですよ。(^^;

ポケットには蒸発させるための細かい穴が空いていますが、直接水がしみ出してくる事はないそうです。
フレームを逆さに置いておいても大丈夫。

何回も着脱しているとゆるゆるになってしまいそうですが、これは様子を見るしかないですね。


130829_09.jpg
メガネ拭きにもなる袋が付属します。



紫外線も目の乾燥の原因になるとのことで、レンズは紫外線を99%カットするものが使用されています。
レンズは追加料金4,990円で度付きに交換することも可能です。

私はこのメガネをテレビでの映画視聴やゲーム用途に使う目的で選びました。
保湿に加えてJINS PCのレンズに交換すれば二重の保護になって最強じゃね?
…と考えて実行。
JINS PCへの交換は追加料金8,980円でした。

130829_08.jpg
PCレンズは反射光が青っぽく見えます。




実際に使ってみて  (※あくまでも個人的な感想です)

○JINS PCレンズは効果あり
特にゲームの場合は画面を凝視しますので短時間で目が痛くなってきます。
このメガネでプレイすると目が痛くなるまでの時間が長くなりましたので効果はあるようです。

△保湿の効果は…どうなんでしょう(^^;
目の乾きが若干改善されたような気もしますが、「気がする」レベルなので効果ありと断言はできないです。
まあ今は乾燥どころか湿気ムンムンの季節ですので本領発揮は秋冬ですかねー。

×視界が狭い
目の周囲が覆われるため、特に横の視界が狭くなります。
テレビ視聴に問題はありませんが(逆に集中できる?)、これで外出するのはちょっと怖いかも。
特に車の運転等は避けた方が無難でしょう。




トータルで13,000円ほどとJINSで買うにしては高めのお値段になりましたが、それでもメガネとしてはお手軽価格でしょう。
これで一生お世話になる「目」の負担が減るなら安いモノです。



関連記事
 眼鏡購入の巻 その一 JINS PC パソコン作業用メガネ
 メガネ JINS PC その後 ゲームで目の疲れ軽減を実感するの巻
 眼鏡購入の巻 その三 JINS SPORTS スポーツ向けハイカーブサングラス(度入り)




 
web拍手 by FC2

関連タグ : 購入, メガネ,

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mizunor775.blog53.fc2.com/tb.php/162-b14cd4ac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック