Sleipnirが重い… : Firefoxへ移行

2011/07/04(月) 22:14
今でこそタブブラウザが当たり前になっていますが、IE6や7の頃に初めて見たSleipnirには感動したものです。
豊富なカスタマイズ項目で細部まで自分好みに設定できるSleipnirには長いことお世話になってきました。

しかし、近頃どうにも動きがおかしいというか重いというか。
起動に異様に時間がかかったり、スクロールの途中でやたら引っかかるようになったり…。

Sleipnir自体ではなく、ブラウザエンジン(IEと同じTrident)やOS周りの環境などに原因がある可能性もありますが、そちらを追求していくのは手間ひまのかかる作業です。

かといってSleipnirのユーザーインタフェースに慣れきった身としては他のブラウザに乗り換えるのも難しく…。
(過去にFirefoxやGoogle Chromeを試して挫折しました)


しかし、つい先日見つけたのがこちらのサイト。

2008年5月版 Sleipnir→Firefox移行の手引き - A Successful Failure

Firefoxに各種アドオンを追加することで、Sleipnirに近いUIが構築できるようです。
まさに渡りに船。早速試してみることにしました。
 
 
まずはFirefoxをインストール。
ダウンロードはこちら。
Firefox ブラウザ無料ダウンロード



インストール直後の画面。
110704_01.jpg

Sleipnirが単体でほぼ全部入りなのに対し、Firefox本体は非常にシンプル。
便利に使うにはアドオンが必須のようです。


さて、私のSleipnir画面はこんな感じ。
110704_02.jpg



そして使い勝手が近くなるようにアドオンを導入したFirefoxの画面がこちらです。
110704_03.jpg



タブの位置が違っていたり、各ツールバーの配置があまり自由にならない等の差はありますがこのくらいはすぐに慣れるでしょう。
以下は追加したアドオンについて。

All-in-One Sidebar
Sleipnirのエクスプローラーバーに該当する機能。ブックマークや履歴などを表示します。
通常は隠しておき、マウスカーソルを近づけたときのみ表示させる事が可能です。
SleipnirではWebページの左端にあるリンクをクリックしようとするとバーが反応して困ることがありますが、こちらは左端のスイッチ(サイズ調整可能)にカーソルを乗せない限り出てこないので良いですね。

Tab Mix Plus
タブに関するいろいろな設定が可能になるアドオン。
新しいタブを開く位置、開いたときにフォーカスするかどうか、タブ移動の順番など、細かなことですがFirefox本体のみではSleipnirと全く動作が異なります。
過去にFirefoxを試してみたときはそれに慣れなくてあきらめたんですよね。

あと個人的にはリンク先を開くときに常に新しいタブで開くように設定できるのが凄く便利。
いちいち右クリックして「リンクを新しいタブで開く」を選択する手間が省けます。

Toolbar Buttons
ツールバーのカスタマイズをしたいとき、標準では登録できるボタンはごくわずかです。
このアドオンを導入することで使えるボタンが一気に増えます。

Status-4-Evar
ステータスバーを追加するアドオン。
ステータス(状態)テキストや、ダウンロードなどの進捗状況を表示させることが可能になります。

Menu Editor
メニューバーや右クリックで表示されるコンテキストメニューの項目をカスタマイズ可能にします。
使わない機能は消して、よく使う機能は上の方にまとめるといったことが出来るので便利。

Quick Translator
多くの言語に対応した翻訳ツール。
ページ上で文章を選択すると半透明のボタンが表示され、クリックすれば翻訳された文章がポップアップします。

Adblock Plus
勝手に表示される広告やマルウェアをブロックしてくれるアドオン。



私の場合、重要なのはブックマークへのアクセスとウィンドウ(タブ)の動きなので「All-in-One Sidebar」と「Tab Mix Plus」があれば移行に苦労しない感じです。
他はお好みでトッピングですね。


ブックマークの移行手順メモ(IEのお気に入り経由で移行する)


・IEのお気に入りをバックアップ
   お気に入りフォルダの中身を別の場所にコピーしておく
     XP:C:\Documents and Settings\(ユーザー名)\Favorites
     7:C:\ユーザー\(ユーザー名)\お気に入り
   コピー後はお気に入りフォルダの中身を全削除する

・Sleipnirの「ファイル」メニュー → 「お気に入りのエクスポート」
   IEのお気に入りフォルダが選択されているのでそのまま実行する

・Firefoxの「Firefox」ボタンまたはメニューから「ブックマーク」→「すべてのブックマーク表示」
   「履歴とブックマークの管理」ウィンドウが開く

・「インポートとバックアップ」→「HTMLからインポート」
   「Microsoft Internet Explorer」を選んで実行
   ブックマークメニューの中に「Internet Explorerから」というフォルダが登録される
   (各ブックマークは名前順で登録されるので手動で整理する必要あり)

・IEのお気に入りを元に戻す
   お気に入りフォルダの中身を全削除する
   バックアップしておいた元のお気に入りをコピーし直す




さて、使えるようになったFirefoxの感想ですが、全般的にSleipnirより動作が速いように感じます。
起動時間も短いですし、同じサイトでSleipnirだとスクロールがカクカクするところでもFirefoxはスムースだったり。
まだ一部動作の違いで戸惑うこともありますが、しばらくはこのまま使い続けてみたいと思います。

しかし…。

110704_04.jpg

なんというメモリ喰い。(^^;
同じサイトを開いての比較ですがこれだけ差が出るとは。別の意味で重い…。
空きメモリに余裕のない環境だと導入に注意が必要かもしれません。



関連記事:
 Firefoxの使用メモリを解放するアドオン「Memory Fox」を導入



わかるFirefox―人気ブラウザの「基本操作」から「アドオン」まで (I・O BOOKS)わかるFirefox―人気ブラウザの「基本操作」から「アドオン」まで (I・O BOOKS)
I O編集部

工学社
(2011/05)

Amazonで詳しく見る by AZlink

web拍手 by FC2

関連タグ : Firefox,

コメント
この記事へのコメント
私もスレイプニルの前回のアップデートでマウススクロールに異常が出てしまったのでこの記事はとても助かりました。
2012/07/11(水) 23:45 | URL | #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mizunor775.blog53.fc2.com/tb.php/87-787e9b26
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック